フリーになって15年目に突入…。節目の気持ちで「今日」気になった「言葉」を綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
バイオグラフィーワーク-2
8月最後の日曜日。子どもたちにとっても、
お母さんたちにとっても、いろいろだった夏休みが終わりますね。

さて、今日はコメントで興味を持ってもらったようなので(と勝手に判断)
バイオグラフィーワークのことを少~し駆け足でご紹介します。
シュタイナー教育の基本でもある7年周期に沿って、
私たちの生の軌跡を読み解いていこうとするバイオグラフィーワーク。
その7年周期では、それぞれ成長の原型をみることができて、
たとえば、0~7歳は「善(安心や喜び、温かさ)」を受け取る時代。
7~14歳は「美(愛ある権威や自然への美)」を感じ取る時代。
14~21歳は「真(真実のある世界観)」を受け取る時代。
21~28歳は「関係性」の時代、28~35歳は「構築」の時代、
35~42歳は「問い」の時代。
そして、42~49歳は問いの時代を受けての「葛藤」。
これは葛(かずら)や藤のつるが絡み合うように伸びていく、
または絡まった何かを解きほぐしていく時代だそう。
さらに49~56歳は自分の本質へと向かう「創造性」の時代。
56~63歳は魂の「本質」に沿った時代、だそうです。

私の場合は、トンネルの中を歩くような問いの時代を経て、
これから葛藤の時代へ入る42歳。
仕事の上では、これまで絡まったものを解きほぐしながら、
自分の本質を見ながら再度しっかりと編み上げていくような、
そんな気がし始めています。

折しも今日は新月、明日からは9月。
月齢もゼロ、日常も始まりの時。
あなたの中にも、何かのヴィジョンがちらっと見えるかも…
しれませんね

IMG_2137.jpg
…絡まってはいないけど、丸まっています
今年14歳になるアトムん。人間でいえば…何の時代だろう…。




スポンサーサイト
page top
人生を体験する方法。
昨夜は嬉しいお誘いで、
北九州でお仕事する女性おふたりと
食事する機会に恵まれました。
場所は小倉北区足立にあるチャイニーズダイニング・ディンで。
おいしい料理とお酒、尽きぬ話…。
それぞれの人生、それぞれの仕事、それぞれの生き方…。
共感するところあり、異なるところあり。
それがまた心地よく、楽しいひとときでした。

そんな会話を振り返りつつの今朝、胸に浮かんだ言葉は、
「人生を体験する方法は、一人一人違うのだ」ということ。
どれが正しい、どれが過ちということはなく、
近道もあり、回り道もあり、苦しきもあり、楽しきもあり。
それを自分自身で肯定することができれば、
それが何より。それが一番。
それを他の人と共有したり、分かち合ったりできれば、
それまた何より。それも一番。

自分の人生も、それに連なる親の人生も。
そして周りの友人、知人の人生も。
互いに理解しあい、肯定しあい、分かち合えたら。

なかなか素敵な世界が築けるんじゃないかなぁ、
なんて、そんなことを考えた土曜のamでした。


IMG_2135.jpg
ボクは何も考えてましぇ~ん




page top
元気ですかぁ?
イノキじゃないですよ

遠くにいるあなた。
今、いろいろと大変なあなた。
これまで苦しかったあなた。
何となく気持ちブルーなあなた。
いつもいろいろ考え過ぎちゃって、
何かしら不安になっちゃうあなたも。

元気ですか?
だいじょうぶ?

苦しいとき、つらいとき。
人は誰でも周りが見えなくなってしまうけど…。
でもね。
どんなときも、どんなことがあっても、
あなたを愛し、あなたを許し、あなたを包んでくれる
存在がきっとある。
それは、身近にいる誰かかもしれない。
それは、目に見えない何かかもしれないけれど。

そう信じてみると、昨日より少しだけ元気になれる。
そのことに気付いてみると、世界の彩が少し変わる。

瞳をあげて、少しだけ。
あなたのすぐ側にある愛に気付けますように


IMG_2112.jpg
なにか言った?(昨日よりさらにネムネムモードのアトムん)


page top
シンクロ。
最近、いろんなことに「気付く」機会が多くて。
その度に、自分の親しい人、大切な人にも、
同じような気付きやひらめきがシンクロで
起こっているんじゃないかなぁ、なんて思うことがあります。

たとえば、私は時々、自分の過去の苦しかった経験を、
人に話すことがあるんですが、
人に話す、という手前もあるのかもしれないけれど、
どこか「自分の経験」というよりも、
「ある人の経験」のような目線で話してしまうことに
ハタと気付いた時の驚き。
実際に経験しているのに、苦しかったものだから、
どことなく「経験してなかったことにしよう…」くらいの
感覚で、すーっと上っ面だけを振り返っていたり。
「あらら?あの時のあの経験をしたからこそ、
今の私がいるんじゃないのかい?!」と、
自分で突っ込みたくなったりして
そして、なかったことにしたいくらい嫌な出来事だったんだ、と
改めて思ったり。
以前の私は、思い返す度にその傷のカサブタをペりっと剥いで
ちびっと出血させるようなマゾ的な感覚だったんだけど、
今は、その傷跡を眺めながら、「痛かったんだねぇ」と
ナデナデしたいような感覚なことに気付いたり。

あー、あるある!という方、いませんか?

そんな私は今、アトムのこの状態とシンクロ中です
IMG_2103.jpg
ね、眠い…。
IMG_2104.jpg
眠いんだけど…。
IMG_2105.jpg
お、起きなきゃ…。
IMG_2106.jpg
やっぱ眠い…

皆さま、よい一日を
page top
季節は巡る。
ちょっとバタバタしていて、
なかなか更新ができませなんだ
お盆辺りから少しずつ過ごしやすくなって、
今朝は蝉の声ではなく、虫の声。
季節は着実に巡っているのですね。
かんかん照りの太陽も好きだけど、
秋の気配が漂ってくると、やはり心がしっとりと
落ち着き感を増してきます。
少しは大人になったのかしらね~。

さて、先週の土曜は、遠賀川の花火大会に行ってきました。
私は小学生の頃、直方市に住んでいたので、
夏休みを締めくくる直方の花火大会は記憶にあるのですが、
遠賀川の花火大会って、見に行ったことがあったっけ?
なかったような気がします。(母へ、どうだっけ??)
遠賀川沿いの道に車を止めて、
河川敷へ降りる土手に腰掛けて。
川からの風も心地よく、まさに納涼花火の体。
こんな夕陽の中を、花火までの時間、
もちろんビール片手に待ちました
200808231902000.jpg

そしてやっぱり飽きもせず写真を撮る私。
200808232027000.jpg
200808232028000.jpg
200808232037001.jpg
200808232038000.jpg
川面に映る花火の彩が幽玄で素敵。
これは、わっしょいや海峡花火では見られない風景だなぁと、
コオロギの声に包まれながら、秋の気配漂う
今年最後の花火大会を味わいました。


IMG_2115.jpg
へぇ~



page top
連写。
あっちの実家、こっちの実家。
あちらのご先祖参り、こちらのご先祖参り。
今ご縁ある友人たちとの集い。
親族の集いなどなど。
楽しくバタバタと過ごしたお盆も終わり。
日常のバタバタに戻って、
とたんに胃が痛い日々の私です。ううう。
皆さん、お元気ですか?

実家ではアイドルアトムんが、
それなりの年齢らしく、高齢化現象が出ていて、
ちょっとびっくりやら淋しい気持ちやら。
目も耳もかなり弱っているらしいのですが、
それでも絶妙にカメラ目線をはずす辺りはサスガ
IMG_2147.jpg

一昨日はなぜか画像がアップできなかったので、
今日は連写でお届けします。カシャ!
IMG_2143.jpg
カシャ!
IMG_2145.jpg
カシャ!
IMG_2146.jpg
…起きません 平和だな~

page top
35歳~42歳。
先日の28歳~35歳の続きです。

35歳~42歳にかけては「問いの時代」と言われるそうです。
構築しようとしていく中で生まれる問いや迷い。

私も36歳の頃にストレスが原因の病気になり、
それまでの仕事のやり方や自分の体のことなど、
改めて「このままでいいのだろうか?」と
考えさせられることがありました。

私には子どもがいませんが、もし子育てしていたら、
この時期、子育ての仕方を「このままでいいのかな?」と
迷っていたかもしれない…。
もしも会社勤めを続けていたら、それでもやっぱり
「このままでいいのかな?」と立ち止まったかもしれない…。
そんなことを考えてみるのも興味深かったりして。

どの道を選んでも、結局のところ、
私は私、なのかしらん、ね。




page top
28歳~35歳。
以前にも書いた「バイオグラフィーワーク」で。
28歳から35歳の7年は、「構築の時代」と言われます。

自分が何を構築しようとしていたのか。
友人に聞いてみると、ちょうど「子育て」の時代だったとか。
自分のことを振り返ると、ちょうど独立して、
「Brain Child」という自分の仕事を構築しようと
躍起になって働いていた時代。
それがうまく(理想通りに)構築できたかどうかは別のことで、
35歳になったから構築が終わったという意味ではなく、
35歳までに構築を終えないといけないという意味でもなく、
それを35歳過ぎてもなお構築している所かもしれないし、
再構築への道へと進むかもしれないし…。

自分が歩んできた人生が「これでよかったんだろうか」と
思ってしまうとき、「これからどうすれば?」と思うとき。
自分は28歳から35歳にかけて何を構築しようとしていたかを
思い返すことは、ひと筋の光になる、と私は思ったんだけど…。

IMG_1876.jpg
まあ、アトムさんにはとんと関係ないようで…。

IMG_1872.jpg
いつの時代も睡眠構築中、なのでした


200808121351000.jpg
こちらの別嬪さんは、中学時代の友人Yちゃん宅の
キャンディちゃんかわゆす~♪



page top
Extraordinary
占い好きな私が最近はまっている「マハボテカード」という占いで。
その日出たワードが「Extraordinary(非凡)」。
辞書で調べると「並はずれた、驚くべき、並々ならぬ」とのこと。
朝からどんな非凡な一日になるのかとワクワクしていたら、
夕方一本の電話が…
「先日の『車上荒らし』の犯人が捕まりました」
えぇ~~~!!すごいぞ、小国警察!!
何でも私たちが被害にあった場所は同じ被害が続発していたそうで
張り込みの結果の現行犯逮捕。
盗まれた所持品の中の一部も見つかったと聞いて、
「よかった~、まだ眼鏡買ってなかったんですぅ~」と私。
心の中で「そこかい?!」と自分でつっこみましたが
しかしあの日、「月廻り温泉」で身も心も癒されたからか、
捕まった人への怒りや恨みなどはちっとも出てこなくて、
自分でもびっくりするほど。
いやー、人と温泉のぬくもりってやっぱりすごいですね。

夜は北九州芸術劇場で上演された「SISTERS」を観に。
作・演出は今注目の長塚圭史さん。
出演は松たか子さん、鈴木杏さん、吉田鋼太郎さんら。
久々、観終わってしばらく席を立ちたくない芝居でした。
舞台の構成、台詞の一言一言、役者さんの力…。
どれを取ってもまさに「Extraordinary(非凡)」
絶妙であり、紙一重なところもありましたが、
これから世界に出て行くであろう才能がそこにはありました。

二つの非凡を味わって、家に帰り着くと
北京オリンピック開会式の真っ最中。
これまた日常ではないシーンだなぁ、と思いつつ、
やっぱり日常のビールで締めくくった一日でした

【今日の投稿写真】
題:ボクの平凡
080808_193942.jpg
「ママ早くお風呂から上がらないかなぁ」と待っています。
なぜなら風呂上がりにはオヤツがもらえるから♪
080808_193706.jpg
……待ちくたびれて寝ちゃった
(投稿:母/Special Thanks!)
page top
夏の一日。

今日は8並びの日('08.8.8)。
北京オリンピックもいよいよ開幕ですね。
いろんなものが「オープン」になるような感じがするせいなのか、
今朝は想定外に早起きしてしまいました。
仕事をしろよ、ということなのでしょう

昨日は福岡イムズにイッセー尾形さんの取材に行ってきました。
先日、勉強したばかりの「バイオグラフィー(人生の軌跡)」に沿って、
イッセーさんのこれまでの人生の出来事や、
当時感じていたこと、今感じていることなどを伺ったんですが、
これがなかなか興味深い取材になりました。
28歳の時のイッセーさん。一人芝居を構築していく時代のイッセーさん…。
そして56歳、自分の本質を「今」と語るイッセーさん…。
その人生の軌跡をほんの少し覗かせていただいて、
おかげで今までにない心豊かな取材となりました。
快く語ってくださったイッセーさん、事務所の皆さま、
そして、その場をセッティングしてくださった劇場担当の方々。
本当にありがとうございました。
詳しくは9/20発行予定の北九州芸術劇場の情報誌「ステージ通信Q」に
掲載されます(これから原稿作るんですけど…がんばります)。
お近くの方、良かったら見てくださいねー(^^)

私は福岡市内(天神周辺)を車で運転する自信がイマイチないので、
こんな時の移動はJR。あれこれ用事をすませ、帰ってきた時には、
こんな幻想的な夕焼け空。
200808071917001.jpg

玄関先のさるすべりも満開が近づいていて…
200808071728000.jpg
なんだかとても夏らしい一日の終わりでした。

IMG_2049.jpg
へぇ~~~~~~~
いろいろ立て込んでたので実家に寄らず戻りました。すねるなよぉ、アトムん)






page top
愛と友情と勇気。
ひとつ前の花火の記事に、思いがけずコメントいっぱいもらって、
やっぱり嬉しい私です。ありがとうございます

さて、ついに読んでしまいました。
200808060924000.jpg
ハリー・ポッター最終巻。
このシリーズ、先の展開が知りたくてたまらない私は、
まず最初にだーーーーっと猛スピードで斜め読み。
その後、2度3度読み返すのがお決まりです。
そういえば、小さい頃から同じ本やマンガを何度も何度も
繰り返し読むクセが…。何度も読んでおもしろい?と
聞かれるけれど、その都度、違う所が心にひっかかるので
何度も読み返すのは、やめられないのです。

今回心にひっかかったのは、相手や自分を「理解する」ということ。
そして、タイトルの「愛と友情と勇気」。
先日仕事関係で観た「舞台版・ドラえもん」でも感じたんですが、
やっぱり今の時代のキーワードなんでしょうか。
ハリーたちもドラちゃんたちも、愛と友情と勇気を持って、
闇の勢力と闘う、というものなんですね。
心の闇は誰もが持っているもの。それらが吹き出した時、
自分の内面でも、愛と友情と勇気を胸に闘えるかどうか。
一緒に愛を持って、友情を持って、勇気を持って、
闘ってくれる人の存在に気づけるかどうか。

あなたは一人じゃないよ。そばにいるよ。大丈夫。

ハーマイオニーの一言が心に残りました。
「ハリー、何もかも一人でやる必要はないわ」

ファンタジーって、人生の大切なことを教えてくれるもの、
なんですね。



余談ですが。
ボクって、意外に小さいんですね
IMG_2041.jpg
……そうですね。2kgちょっとだしね
page top
わっしょい花火。
公約通り(公約だったのか??)
浴衣で花火を見に行ってきました
夕方まだ陽のあるうちから勝山公園芝生広場に陣取って。
図書館の上に沈む夕陽を眺めながら、
とうぜん、ビール
芝生のおかげか紫川の河畔の風のおかげか、
昨日はさほど暑さも感じず、
夕陽も美しいばかりで暑くはなく。
200808031835000.jpg

そうして始まったのは8時半。
ドンとなった花火、きれいだな♪
しかも真っ正面に上がる特等席!
2~3時間待った甲斐がありました
IMG_2064.jpg
IMG_2066.jpg
IMG_2088.jpg
IMG_2089.jpg
IMG_2091.jpg
しかし、何度撮影しても、「おぉー!」とか「わぁー!」とか
言いながら撮るので、ブレまくり。
しょせん、目の前の臨場感には叶いません
実際はこの何百倍も美しく迫力があったのです。
「いい加減、撮るのを諦めればいいのに…」と
昨日は頭のどこかでそんな声がしました。


…隣に居た夫の心の声、じゃないよね?
200808031151000.jpg
昼ご飯はそんな夫作・トマトモリモリの冷製パスタでした

page top
思いがけないHappy.
暑さのせいなのか、このところの不景気ゆえなのか
なんだかちょっとしたことにイラだってしまうこの頃。
イラだちの原因が、実は自分の中にある「不安の種」だったと
改めて気付かされた、昨日の夜のことでした。
遠くから響く大きな音に「雷かしら?雨?」と窓の外を見ると、
はるか彼方、苅田方面に花火が!
遠目に小さく見えるけれど、大きな玉が上がった時には、
やっぱり「ほぉおおお~」と声を上げてしまう。
遠目なんだけど、ハートの形の花火もしっかり見えて。

思いがけないHappyって、神さまの贈り物みたい。

いろんな不安や不満も、
花火と一緒にぱ~んと打ち上がって、
空にとけちゃえ~!なんて思いながら眺めて。

最後に光玉がパパパッと輝いたときには、
何だか気持ちもスーッとしていたのでした。

明日8月3日は、小倉の「わっしょい百万夏祭り」の
フィナーレを飾る花火大会。
今年は浴衣でも着ようかしらん…
そんなことを思った土曜日でした。


あまりの暑さにダレてるアトムん。
IMG_2038.jpg
「どこが?」
IMG_2039.jpg
そのなんとなく崩れた右足が
皆さま今年の凶暴な暑さに負けぬようご自愛くださいませ


© 今日ワード. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。