フリーになって15年目に突入…。節目の気持ちで「今日」気になった「言葉」を綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
働くということ。
提出物やらいろいろと行事ごとが重なって、
ちょっとお休みしてました。すんまそん(ってもう古いか?!)
いえいえ、体調を崩していたわけではないんですが、
まあちょっとムリがきかなくなってきたかなーとは思います。
昨日、ふと自分の職歴を振り返ってみました。
大学時代は、バイトに次ぐバイト生活。
夏休みにでもなれば、バイトをかけ持ちして
朝も夜も働いていたっけ。
4年になれば授業も少ないので、
昼間っから大学近くのガソリンスタンドでバイト。
あとで知ったんだけど、先生たちの間で
「あの娘は、苦学生なんだねー」と噂になってたらしい…。
別に親が仕送りしてくれなかったわけではなく、
あの頃の私は、親の愛の証の仕送りを、必要以上に拒んだ
小さな反抗期。ごめんね、父ちゃん、母ちゃん。
バイトは生活費を貯めるためのものでした。
大学卒業してからもずっとひとり暮らしだったので、
生活費を稼ぐために、働く、働く。働かないとビールも飲めんし
旅行に行くためとか、好きなものを買いたいからとかではなく、
生活のために働く、という図式が強かった10代後半から20代。
28歳の時に独立してしまったから、その後も「生活のために」に
さらに拍車がかかってしまったのでした…。

で、ですよ。ふと「あ~、よ~働いたなぁ~」と思ったんです。
いや、もちろん、定年後も働き続けている諸先輩方には
かないませんけれども。自分なりに。
自分で勝手に、生活を維持することに固執して、
追いまくられるように働いていた日々。
本当はそこまでしなくてもよかったかもしれないのに、
自分を自分で勝手に追いつめてさぁ~(勝手に、というとこポイント)
よく働いたもんだな、と思ったんです。

誰かと比べるのではなく、自分のことを、ちゃんと見て。
「自分なりに、がんばってるやん(大阪弁でガネーシャ風に)」
そう言ってみるのも、時には大切なことかもしれませんね。


P2008_0414_162021.jpg
今日の日記は長かったのぉ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

よぉ~~~、働いてきましたなぁ~~
あちきは貧乏だったので、バイトもしてましたが、
お金の方はあまり気にしてない人生だったようです。
これは恐妻が働いていたのが超、大きいですね。
30年前、占いで家庭的なことはみえないけれど、あまりお金には苦労しないと言われたのを思い出しますね。
これからもぼちぼちいきましょう。
びびっきー | URL | 2008/05/28/Wed 09:15 [編集]
>びびっきーさんへ
最初の一行、心に染みました(^^)ありがとうございます。お金のことを気にしすぎているから、働くことに余計なプレッシャーがかかって、「もっと、もっと」と自分で自分にムチ打ってたんだなぁ、と今になって思うようになりました。ホント、ぼちぼち、生きたいですねー。
michiyoko | URL | 2008/05/29/Thu 11:41 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 今日ワード. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。