フリーになって15年目に突入…。節目の気持ちで「今日」気になった「言葉」を綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
…で、なければならない。
昨日、北九州芸術劇場で
音楽劇「ガラスの仮面」を観て来ました。
私が初めてそのマンガに出会ったのは、さかのぼること
小学4年のころ。ピアノの先生のところで順番を待つ間、
ふと手にしたマンガ雑誌に連載されていたこの作品に
引き込まれていった瞬間を、今でも覚えています。

音楽劇の演出は、世界の蜷川幸雄。
北島マヤと姫川亜弓を演じるのはオーディションで選ばれた若手女優。
そして、月影千草を演じるのは、夏木マリ。すげー。はまり過ぎ。
ソロで歌うシーンもあり、久々ライブで夏木マリ節を聞きました。

客席から俳優たちが次々と舞台に上がる、という形で始まった舞台は、
客席に居ながら、自分も舞台に出演しているかのように錯覚させます。
まさにマンガの世界に引き込まれるのと同じような感覚を伴って…。
しかも大ホール、という最新設備のあるホールで
作品の設定に近い20~30年前のように黒子を多様した舞台の転換。
惜しみなく、これでもかと舞台に降りそそぐ雨。
蜷川らしい崇高な演出があったかと思うと、
これまでにないほど大衆的かつ昭和的な演出もあり…。
そこかしこに、あらゆる蜷川マジックの仕掛けがなされていました。

蜷川、で、なければならない。
夏木マリ、で、なければならない。
美内すずえ、で、なければならない。
…観終わって、最初に浮かんだフレーズでした。

「で、なければならない」存在になるって、
やっぱりすごいですね

IMG_2113.jpg
この癒しモードはやっぱり…
アトム、で、なければならない


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

奇遇ですね。今日、母と見に行きます。
 母は、まったく漫画の内容知らないので「・・・!?」という感じで、会場に足を運ぶだけでも、楽しみをもって行くみたいです。
 私のほうは、丁度、沖縄に行った時、先生がきてて、
そのオーディションの最中ということを聞きました。
 なかなか、演劇を見に行くことはないけど、馴染み深いので楽しんできます!!
愛・あまちゃん | URL | 2008/09/07/Sun 10:05 [編集]
>愛・あまちゃんさんへ
沖縄の時…そうだったらしいですね。私は知らなかったんですが、LEYさんに聞きました。ホントにご縁って不思議(^^)ですね♪
michiyoko | URL | 2008/09/08/Mon 06:21 [編集]
癒されに参りましたよ…。
なんだか不思議な一日でした。
(いや、最近毎日衝撃的なんですけど…)

「で、なければならない」っていうのは「必然」って事でしょうか?

あぁ、そうなんだろうなぁ、やっぱり、言わんとしている事は…って感覚がやってくるくる。

美内すずえさん、ガラスの仮面、連載再開だそうで。
蜷川さんの演劇ってそんな感じなんですね~初めて感覚掴みました。
夏木マリさん好きなんです♪綺麗な方なんで★

高校時代の同級生が、ちと有名になりつつある?なったのか?な俳優で。
昔、仕事関係でご一緒した方の弟さんが、やっぱり同じ高校出身で、よろしくね~って云われて、応援します♪つったら、今じゃTVに映画にと飛ぶ鳥落とす勢いの俳優さんになりまして。
2人をTVで見ていると、とても不思議な気がします。
同じ高校通って青春時代を同じ風景で過ごしたのに、
「で、なければならない」存在になったんだなぁ~って。

不思議いっぱい、奇跡がいっぱい。

mimi | URL | 2008/09/09/Tue 00:23 [編集]
>mimiさんへ。
そして、mimiさんもまた、自分にとって、誰かにとって、「で、なければならない」存在なんですよ~♪もちろん私にとっても♪
michiyoko | URL | 2008/09/09/Tue 06:53 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 今日ワード. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。